お知らせ

お知らせ

病院からのお知らせ

ホームページが新しくなりました。

ご覧いただいているとおりに、ホームページが一新いたしました。

当院の思いをお伝えするためのホームページを作りたい。

そこから始まりました。

偶然にも開院から10年が経ちます。

本当に多くのどうぶつの飼主のみなさまに温かいお声をいただきながら、ここまで来ることができました。かわいいどうぶつ達との出会いも、昨年は1年間でのべ1万件を超えました。

さらに多くの方々のご利用が予想される中、初心を忘れずに前を向いていきたいと考えております。

10年の節目に、気持ちを新たに、その気持ちをたくさん込めた新しいホームページが完成いたしました。

これからも皆様のご期待に応え続けていけるように、一つ一つに心を込めて当たらせていただきます。今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

整形外科の骨折治療にハイブリッド創外固定システム ( SK Hybrid ESF System ) ( IMEX社 ) を導入しました。

骨折の治療には折れて不安定になった骨を固定するためにいくつかの方法があります。
プレートを使った治療が一般的ですが、他にはプレートと骨の中にピンをいれる治療を組み合わせたプレートロッドと呼ばれるもの、その他にインターロッキングネイルと呼ばれるもの、そして創外固定という治療法があります。
当院ではこれまでほとんどをロッキングプレートを使って治療していますが、ときには髄内ピンを使う方法も用いてきました。しかしながら、創外固定の導入はしておりませんでした。
理由は治すための治療としては非常に優れていますが、手術後の管理が大変なことがあります。通院頻度もある程度高めに必要です。
それでもなお米国アイオワ州立大学でのコースを取得し導入に踏み切ったのは、この方法には他にはない利点があることと、整形外科に力を入れていきたいと考える中で治療のために可能な手技は多く取り入れていきたいと考えております。

前へ 次へ

3/4ページ